自分で宿題やっておくれよ…

長男7歳、小学一年生の話です。セノッピーは効果なし?7歳の娘に3ヶ月間食べさせた効果を暴露!

学校からもらってくるプリント1枚の宿題と自分でノートに好きなことを学習する家庭学習を家に帰って来た後にするわけですが、どうにも集中力がない!おやつが欲しい、玩具で遊ぶ、テレビを観ようとするetc.

見てるこっちがイライラ!やりたいことは全部終わってからだよ!

注意すればするだけ長男も反発してきてお互いにいいことがないなぁ、どうにかストレスなく集中力を保たせられないかな、と考えて導入したのがキッチンタイマー。

とりあえず10分で設定しておいて、テーブルの見えるところに置く!

これがうちの長男には効果てきめんでした。段々と減っていく秒数を時々確認しては「早くやらなきゃ!」という意識が芽生えたようで、宿題が終わるまでテーブルから離れませんでした。

字が雑になるところは少しずつ注意していくとして、集中して取り組んだことをたくさん褒めました。

家庭学習は自分でたし算や引き算の問題をつくって自分で解いたり、時間が無い時は漢字の問題を出してあげたりしています。自分でしたことを言葉でふりかえるスペースも設けて、難しかったこと、よく出来たことなど書かせているうちに、掛かる時間も短くなってきたように感じています。何事も反復することが大事!

低学年のうちに自分から机に向かう習慣がつけば、高学年になっても、中学生になっても自分から机に向かうようになる、と担任の先生が言っていたので今が勝負、と日々頑張っています。

コメントは受け付けていません。