AGA治療の種類について

薄毛の人はAGA治療に興味があると思いますが、AGA治療には以下のような種類があります。

一つ目は、「投薬治療」。ニューモの悪い評判や悪評を徹底検証!

内服薬や外用薬を使うという物です。

二つ目は、「注入治療」。

頭皮に直接薬液を注射するという物です。

三つ目は、「自毛植毛」。

自分の毛髪を移植するという物です。

これらのうち、一般的なのは投薬治療で、「薄毛を防ぐ薬」と「発毛を促進する薬」の2種類がよく使われます。

注入治療は、別名「メソセラピー」とも呼ばれ、投薬治療よりも迅速かつ強力な効果を求めている人に向いています。

自毛植毛は、医師と相談したうえで行うことになりますが、毛根が機能していない箇所がある人に向いています。

そして、それぞれの費用は以下のようになります。

いずれも月額です。

投薬治療は、およそ1万5,000円~3万5,000円。

注入治療は、およそ3万5,000円~10万円。

自毛植毛は、およそ49万円~100万円(移植する毛穴の数により変動します)。

これらはあくまでも相場であり、クリニックによって変わってきますが、最も安いのは投薬治療です。

投薬治療については、安い所であれば100円以下で行える所もあるので、資金的な余裕がない人はそういった所を選ぶとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。