チャイルドシートは何歳まで?

赤ちゃんの時は後ろ向き、大きくなったら前向き、幼児になったらジュニアシートと、息子の成長に合わせてチャイルドシートも変化してきました。そんな思い出に浸っていたら、チャイルドシートは何歳まで必要だったかを忘れている自分に気が付きました、これはきちんと調べておく必要がありますね。

セノッピーの効果と口コミ!購入して3か月息子に飲ませた結果…!

道路交通法では、こう定められています。6歳未満の子どもには、チャイルドシートを使用すること。これは大人の義務であり、違反すると減点になります。

ただし、身体的な理由で着用が困難な場合、チャイルドシートを使わなくてよい場合がいくつか定められています。これに該当しない限り、6歳未満のチャイルドシートは必須と言うわけです。

我が息子は満6歳になったので、チャイルドシートなしでも法律違反にはなりません。だからと言って、チャイルドシートをやめてしまうのは危険なようです。一般的なシートベルトは、身長140cm以上の人を対象に設計されています。これを子どもが着用すると、肩に当たるベルトが首に、腰のベルトがお腹に来てしまいます。すると、万が一大きな衝撃を受けたとき、首の骨が折れたり、内臓にダメージを与えたりしてしまう恐れがあるのです。

チャイルドシートの一種であるジュニアシートは、4歳から10歳の子どもを対象に造られています。子どもの成長速度はそれぞれ異なるので、大人用のシートベルトを問題なく使えるようになるまでは、チャイルドシートに座ってもらうようにしましょう。

コメントは受け付けていません。