ホワイトカラー、仲良くなれるかな

ぴょこんと立ってしまって目立つ、分け目の短い白髪。抜いたら増える、なんて俗説もあるけれど、別に増えてる訳じゃなく、一度白髪になってしまった髪は白いままだから増えた気がするだけらしい。

とはいえ白髪というものは加齢とともにどんどん増える。それはもうすごい勢いで。分け目でピンピンと自己主張する短い反逆者だけじゃなく、前髪をかき分けたサイド部分や眉毛、何と鼻毛すらも白くなる。見つけたときはびっくりした。http://www.congresoneonatologia2017.com/

そして、少ないときは抜いてしまって見なかったことにしてきたけれど、増えに増えたらもう染めるしかないと思い始めた。

今までカラーリングだってしてこなかったのに、白髪染めか。ドラッグストアでも売っているけれど、メーカーも色もたくさんあり過ぎて何が何やら。そもそもヘアカラーとヘアマニキュアの違いは何なんだ。それに、自分で染めると上手く染められずに皮膚につけちゃいそう。

そんな風に迷いに迷って、迷ってるうちにもうどうにもしようがなく白髪が増えて、年に一・二度しか行かない美容院でとうとう染めた。

意を決して染めてもらったら思いのほか「あ、こんなもんなんだ」とスッキリした。もう鏡を見て分け目にぴょっこり突き出ている白髪にため息をつかなくていいし、サイドの髪をかきあげて白の面積が増えたことに慄かなくていい。ちょっと髪色は明るくなっちゃったけど、まあこれはこれで似合うんじゃないかな。

そうして染めた自分の髪色に慣れ始めた頃合いで、再び根元が白くなってきた。当然のことながら、分け目の短い白髪もまたぴょっこり生え始める。

ううん、これの繰り返しが白髪の悩みかあ、と思い始めた今日この頃です。

ちなみに、まだ美容院には行ってない。

コメントは受け付けていません。